2020_09_09_4 2.jpg

私たちの物語

「ケバブの塊は僕の情熱のカタマリです。」

と彼は話す。


ケバブとの出会いは学生時代に中国からエジプトまでの2ヶ月間のバックパッカーだった。


トルコに訪れた時に初めて口にした

ケバブに彼は取り憑かれた。


彼はトルコで食べたあの味を求めて

数あるケバブを食べ歩いた。


その中で彼は外国の料理と日本の感性を

掛け合わせたJapanese kebab makerとしての構想を生み出す。


ケバブを探求するために

ケバブ屋での修業を経て、

Love Kebabを創業。


彼いわく

「情熱の炎が飛び移る危険があるので

注意してください。」

とのこと。


皆さまも彼の情熱を

是非かぶりつきにいらしてください。